ネットカジノは遠隔操作されていないのか?

Pocket

ネットカジノは遠隔操作されていないのか?

ギャンブルをやる人にとって、疑うのは遠隔操作です。パチンコやスロットは当たりが操作されているとよく聞きますし、実際プレイしていて感じた事のある人もいるでしょう。

 

その印象もあるのか、ネットカジノも遠隔操作されているのではないかと感じる人も多いようです。

 

しかし、ネットカジノもちゃんとした所を選んでいれば遠隔操作などは起こりません!遠隔操作が起こらない理由と起こらないサイトの見分け方を紹介します。

 

ネットカジノのソフトウェア

オンラインカジノではRNGという完全ランダムな結果を生み出す機能を搭載しています。

ネットカジノで使用しているカジノゲームのプログラムは、専門のソフトウェア会社が開発しています。ネットカジノを開業している企業とは違う会社が作っていますので、遠隔操作は難しいです。

正当な控除率(ハウスエッジ)は存在していますが、それ以上の操作はできないと考えて大丈夫です。

 

ネットカジノのライセンス制度

ではなぜ、専門のソフト会社のソフトを使用していると遠隔操作ができないのでしょう。それは、ネットカジノは、その国、政府からの許可、ライセンスがないと営業できない仕組みになっているからです。

そのライセンスを取得するためには、厳しい審査を通過しなくてはいけません。そして、その審査には、ネットカジノを開業しようとする企業はもちろん、ネットカジノで使用するソフトウェアの会社も同様に審査を受けているからです。

 

またこの審査は最初の一回だけでなく、定期、不定期、継続的に審査を受けなくてはなりません。そしてその審査にパスしなければ、ネットカジノは閉鎖をせざるを得なくなり、ライセンスに多額の料金を払ったかいがなくなります。

 

信頼あるライセンスを見分けよう

では、ライセンスを持っていればどこでもいいのでしょうか?どうやらそうでもないようなのです。ライセンスを発行する国、発行する機関によって信頼度に違いがあります。

信頼できるライセンスを発行する国

・イギリス(UK)

・ジブラルタル(イギリス領)

・マルタ共和国(イギリス連邦加盟国)

特に審査が厳しく、信頼度が高い国はイギリスのサイトです。ネットカジノのサイトにライセンス情報があるので、必ず確認してください。

 

信頼できるライセンス審査機関

定期・不定期にネットカジノの公平性を審査する機関として、信頼できる機関はこちら。有名な第三者機関です。

  • eCOGRA(イーコグラ)
  • TST (Techinial Systems Testing)、
  • GLI

信頼できるソフトウェア

ソフトウェアの信頼性も大事になっています。大手3社こちら。

これらの会社は、信頼性は勿論、ゲームの種類の多さ、グラフィックとサウンドの質などにも定評があり、多くのネットカジノの企業が採用しています。

 

  • playtech(プレイテック)
  • Microgaming(マイクロゲーミング)
  • NETENT(ネットエント)

 

信頼ある企業が運営するネットカジノ

運営しているカジノ会社の経歴なども調べてみると楽しいです。

欧米では一般的に認知されているネットカジノは、誰もが知っている大手企業の子会社が経営していたり、プロスポーツチームのスポンサーになっていたりします。

また株式市場に上場している企業も多いく、そういった企業は企業イメージがとても大事なので、ネットカジノでの不正などは厳しく管理しています。

ネットカジノは遠隔操作まとめ

ネットカジノの遠隔操作を疑う気持ちはわかりますが、しっかりとした企業、また人気のネットカジノサイトを選べば、遠隔操作などの被害に合うことはないでしょう。

反対によくわからない、マイナーなサイトでは、遠隔操作やイカサマが横行している可能性があります。

最悪賭けるだけ賭けさせて、突然閉鎖するサイトもあるようなので、企業情報の確認はとても大切です。

面倒に感じるかもしれませんが、必ず確認してください!

関連記事一覧