クラップスのルールを解説

Pocket

クラップスはプレイヤーがサイコロを2つ振り、プレイヤーが勝つかカジノ側が勝つかのサイコロゲームです。ディーラーではなく、プレイヤーがサイコロを振ることができ、賭けた場所とサイコロの出目によっては、かなりの配当を獲得できます。映画の中でクラップスで盛り上がっているシーンを見たことがある人もいるかもしれませんが、クラップスはプレイヤー達が熱気と興奮に包まれる非常に盛り上がるゲームです。

クラップスの基本ルールと遊び方(流れ)

合計7が出るまで繰り返しサイコロが振られ、7が出たら勝敗が決まりゲーム終了となります。自分が狙った数字が7よりも先に出れば勝ちで、7が先に出てしまった場合は負けと考えましょう(2投目以降)。1投目を投げる人(シューター)はディーラーが指名し、以降ゲームごとに時計回りで決まります。シューターはディーラーから渡された2つのサイコロを投げます。プレイヤーはサイコロを振る振らないに関わらず、シューターとしてベットしています。1投目のことをカムアウトロールと呼びます。

クラップスのルール・賭け方編

1投目
1、ナチュラル
合計7または11が出れば、シューターの勝ちです。
2、クラップス
合計2、3または12が出れば、シューターの負けです。
3、合計数字をポイント(4〜10)と呼び、2投目に進みます。
ナチュラル、クラップス以外の時は、その数字をポイントと呼びます。

2投目
1、ポイントと同じ数字ならシューターの勝利です。
2、セブンアウト
7ならシューターの負けです。
3、上記以外の場合、勝敗が決定するまでサイコロが投げられます。

7という数字は非常に大事で1投目に7が出ると、シューターの勝ちですが、2投目以降に7が出るとシューターの負けです。

パスライン 2倍
7または11で勝ちです。1投目のみに賭けられます。

カム 2倍
基本的にはパスラインと同じです。違いは1投目が投げられた後に賭けられます。ポイントがセブンアウトより先に出れば勝ちです。

オッズベット
最初にバスライン、カム、ドントパス、ドントカムを選び、カムアウトロール後に追加でベットする賭け方。
パスラインオッズ、カムオッズ、ドントパスオッズ、ドントカムオッズと呼ばれます。

ドントパスはパスラインとは全く逆の賭け方です。実際のカジノでドントパスに賭けるとひんしゅくを買う恐れがあります。他のプレイヤーが1投目では7か11が出るのを願い、2投目以降では7が出ないのを願うのに、その逆を願わなければいけないため、オンラインカジノでは問題ないですが、通常のカジノでドントパスに賭けるのは勇気がいります。ドントカムはカムと全く逆の賭け方です。

プレースベット
ポイントは関係なく選んだ数字が来れば配当を獲得できます。

 

クラップスの勝ち方と攻略法

ハウスエッジがカジノの中では、バカラ並みに低く1.41%です。完全に運ゲームなので、パスラインに賭けて、1投目に7か11が来るよう願い、2投目以降に7が出ないのを願います。オッズベットはハウスエッジがゼロであり、確率に応じて支払われるため、プレイヤーにとっては最も有利な賭け方になります。他に様々な賭け方がありますが、サイトベットに賭けるのはハウスエッジが高くなるため、勝ちにくいと考えられます。

動画プレイ

関連記事一覧