ドラゴンタイガーのルールを解説

Pocket

ドラゴンタイガーはバカラを簡単にしたようなゲームです。1枚ずつカードがドラコンとタイガーに配られ、数字が大きい方の勝ちです。基本的にはドラゴンかタイガーかに賭ける簡単なゲームです。Kが一番強く、Aが一番弱くなっています。引分けに賭けて当たった場合は、配当が11倍つきます。

ドラゴンタイガーの基本ルールと遊び方(流れ)

賭けたい金額のチップを選択します。一般的には、ドラゴンかタイガーにチップを置きます。カウントがゼロになると、ディーラーがドラゴンとタイガーにカードをそれぞれ1枚配ります。カードを配り終わったら、点数の高い方(ドラゴンかタイガー)にベットした人やサイドベットで当たった人に対して所定の配当が支払われます。

ドラゴンタイガーのルール・配当編

ドラゴン、タイガーの配当は2倍です。ドラゴンかタイガーに賭けて数字が同じ場合は、賭け金の半分が戻ってきます。
ドラゴン、タイガー賭ける方法以外の賭け方もあります。タイに賭ける方法もあり、ドラゴン側とタイガー側の数が引分けになれば、11倍の配当を獲得できます。

カジノによって違いますが、サイドベットとして、以下のような賭け方もあります。

スーテッド・タイ
・数字とスーツが全く同じだった場合、配当50倍を獲得できます。トランプを8組使用しているため、たまに起こります。
スーツ
・プレイヤーがベットをしたスーツが出たカードと一致した場合に、勝ちとなります。ただし、7が配られた場合、ベット額は没収となります。
/
・出たカードのスーツの色がプレイヤーがベットをしたスーツと同じ色だった場合、勝ちとなります。ただし、7が配られた場合、ベット額は没収となります。
奇数/偶数
・出たカードの奇数、偶数が、プレイヤーがベットをしたものと同じだった場合、勝ちとなります。ただし、7が配られた場合、ベット額は没収となります。
ビッグ/スモール
・出たカードの大(K,Q,J,10,9,8)、小(6,5,4,3,2,A)が、プレイヤーがベットをしたものと同じだった場合、勝ちとなります。ただし、7が配られた場合、ベット額は没収となります。

ドラゴンタイガーの勝ち方・攻略法

ドラゴンタイガーはスキルゲームではなく、完全に運頼みのゲームです。しかし負けにくい賭け方というものは存在します。すべてのカジノゲームに言えますが、サイドベットは配当が大きい代わりに、カジノ側の控除率が高いケースがほとんどです。そのため、王道である「ドラゴン」か「タイガー」に賭けるのがスタンダードな勝ち方であると考えます。ドラゴン、タイガーに賭けた場合のハウスエッジは3.73%とサイドベットに比べて低いので、ドラゴンかタイガーに賭けることが理論的には最も賢明です。タイに賭けた場合のハウスエッジは10.36%で、スーテッド・タイのハウスエッジは13.98%とされているため、これらに賭けると負けやすいと考えられます。

動画プレイ

関連記事一覧