スーパーファンタンのルールを解説

Pocket

スーパーファンタンは、サイコロが振られた後、合計6枚のカード配られ、数字の合計数を4で割った余りを予想するゲームです。余りがいくつになるかFan1,Fan2,Fan3,Fan4(割り切れる時はFan0ではなくFan4になる)に賭けるのが最も人気がある賭け方です。その他にもさまざまな賭け方があります。

 

スーパーファンタンの基本ルールと遊び方(流れ)

賭けたい金額のチップを選択します。カードの合計数を4で割った余りを予想し、FanかNim、またはKwok等の賭けたい箇所にマウスを合わせクリックするとチップを置くことができます。カウントがゼロになると、ベット受付終了です。カードがめくられる前に、12面体のサイコロが振られます。そしてプレーヤーの2枚のカードがめくられた後、バンカーの2枚のカードがめくられます。そしてバンカーとプレイヤーのカードがスクイーズ(絞り)でめくられます当たった人に対しては、所定の配当が支払われます。

 

スーパーファンタンのルール・配当編

カード6枚の合計数は8から76まであり、ファン、ニム、クウォックに賭けた場合には、その合計数を4で割った余りがいくつであるかにより配当を獲得できます。

ファン
通常の配当は2.85:1ですが、サイコロの目が8か9だった出た場合、スーパーハンドとなり、Fan1、Fan2、Fan3、Fan4の配当は3:1に増えます。
ニム
Nim4等の〇Nim○は、1なら勝ちで4は引分けになり返金、2、3は負けを意味します(カードの合計を4で割った余りの数)。配当は1.9:1です。
クウォック
Fan1、Fan2、Fan3、Fan4の中から2つを選べます。配当は0:95:1です。
ODD/EVEN
カード数字の合計数が奇数か偶数かを当てます。配当は0:95:1です。
SMALL/BIG
カード数字の合計数が8から41の場合はスモール、43から76の場合はビッグです。配当は1:1 です。
42
カード数字の合計数が42の場合に賭けます。配当は19:1です。

 

スーパーファンタンの勝ち方・攻略法

スーパーファンタンはスキルゲームではなく、完全に運頼みのゲームです。Fan1、Fan2、Fan3、Fan4に賭けるのがスタンダードです。ファンのハウスエッジは、スーパーハンドを考慮に入れないと3.75%、ニムやクウォックのハウスエッジは2.5%です。サイドベットもハウスエッジがファンとあまり変わらないため、どこでも好きなところにかけて良いと思います。

動画プレイ

関連記事一覧