カジノゲーム

ブラックジャックラッキー8のルールを解説

Pocket

ブラックジャックラッキー8は基本的には通常のブラックジャックと同じなのですが、サイドベットとして、ラッキー8(L8)があります。オンラインカジノでプレイできるサイトを見つけるのは難しいですが、シンガポールのライブカジノでプレイできます。通常のブラックジャックの目標は、カードの合計点数が21を超えないようにしてディーラーより高い点数を獲得することです。最高のハンドは最初に配られたカード2枚の合計点数が21になるブラックジャックです。絵札はすべて10で数え、Aは1、または11で、どちらか都合の良い点数として数えることができます。2から10までのカードは、カードに書かれている数字通りの点数となります。

ブラックジャックラッキー8の基本ルールと遊び方(流れ)

賭け金を選択し、テーブル上の丸の場所にチップを置きます。カウンターがゼロになるまで、賭け金を増やしたりキャンセルしたりできます。
※満席で他の誰かが賭けていたら、そのチップの後ろに置きます。後ろで賭けている場合、ヒットやスタンド等の選択権がありません。
カウンターがゼロになるとディーラーがカードを配り始めます。最初の2枚のカードがプレイヤーの手元に配られます。ディーラーの1枚目のカードはアップカードとして配られますが、2枚目のカードは伏せられています。

2枚配られたところで、ヒットかスタンドかダブルダウン等の選択ができます。ヒットをするとカードが追加で引かれ、カードの合計点が21を超えない限り何回でもヒットすることができます。21を超えてしまうとバーストとなり、負けとなります。

勝敗が決まると、負けたプレイヤーはチップが回収され、勝ったプレイヤーに配当が配られます。勝利した場合の配当は通常1倍ですが、プラックジャックで勝った場合のみ配当は1.5倍です。

ブラックジャックラッキー8のルール・賭け方編

プレイヤーが選択することができるアクションは主に6つあります。

ヒット
カードを1枚追加すること

スタンド
カードの追加を拒否すること

ダブルダウン
ベット額を2倍にできます。その代わりにあと1枚しかヒットすることはできません。

スプリット
最初に配られた2枚のカードの点数が同じだった場合、ハンドを分割し、それぞれのハンドに対して追加のカードを引くことができます。

サレンダー
2枚の手札があまりに悪く、ディーラーのアップカードが強いので、降参することです。賭け金を半分返してもらえます。

インシュランス
ディーラーのアップカードがAの時には、最初のベットの半額を追加することにより、保険をかけることができます。

ディーラーのルールは主に2つあります。

➀ディーラーは自分の合計点が17以上になるまで必ずカードを引かなければいけない。
➁ディーラーは自分の合計点が17以上になった時点でそれ以降カードを引かない。

ラッキー8(L8)

ブラックジャックラッキー8がブラックジャックと違うのはサイドベットとしてラッキー8(L8)があることのみです。プレイヤーの最初の2枚のカードとディーラーのアップカード1枚でペアができれば、配当3倍を獲得できます。ただしラッキー8の名前の通り、8のペアや8のスリーカードは配当が高額になります。
➀スーツが違う場合 8のペアは配当5倍、3枚とも8の場合は配当100倍です。
➁スーツが同じ場合 8のペアは配当10倍、3枚とも8の場合は配当1000倍です。

ブラックジャックラッキー8の勝ち方・攻略法

非常に簡単な戦略は以下のようになります。

➀ハードハンド(Aを含まない手)

ディーラーのアップカードが7以上のとき、17以上になるまでヒットする。
ディーラーのアップカードが6以下のとき、12以上はスタンドする。

➁ソフトハンド(Aを含む手)

(Aと6)17以下はヒット、(Aと7)18以上はスタンドする。
(ただし、ダブルダウンできるときはそちらを優先する)

➂以下のときは、ダブルダウンする。

・自分が9のとき、ディーラーが3~6
・自分が10のとき、ディーラーが2~9
・自分が11のとき、ディーラーが2~10
・自分がソフト(Aと2)13から(Aと7)18のとき、ディーラーが4~6

8と8、AとAはスプリットする。

➄サレンダーとインシュランスは使わない。

ディーラーのアップカードに対するプレイヤーの最適な戦略は以下のようになります。

 

 

 

H ヒット
S
 スタンド
P
 スプリット
Dh
 ダブルダウンできるときは、ダブルダウンする。できないときはヒット
Ds
 ダブルダウンできるときは、ダブルダウンする。できないときはスタンド

動画プレイ