カジノゲーム

レットイットライドのルールを解説

Pocket

レットイットライドは非常に簡単なポーカーゲームで、Ridem Poker とも呼ばれます。運の要素がほとんどですが、それゆえに勝負に熱くなります。自分のカード3枚とコミュニティーカード(共通カード)2枚で10のワンペア以上のポーカーの役を作れば勝ちです。遊び方が簡単なため誰でも楽しめるゲームだと思います

レットイットライドの基本ルールと遊び方(流れ)

ベット金額を決めて、丸の枠線内にチップを置きます。$、②、①の3箇所に同額のチップを置かなければなりません。ディールを選択するとディーラーはプレイヤーに3枚のカードを表向きに、共通カードを2枚伏せたまま配ります。

ベッティングチャンスは2回あります。1回目のベッティングラウンドでは、プレイヤーは自分のカードを見て、ベットを置いたままにするか(Let it ride)、①に置いたチップを引き取るか(Pull it Back)の選択をします。

次にコミュニティーカードの1枚が表向きに置かれます。2回目のベッティングラウンドでは、ベットを置いたままにするか(Let it ride)、②に置いたチップを引き取るか(Pull it Back)の選択をします。選択がおわると、コミュニティーカードがオープンされ、10のワンペア以上の役を持っていれば、配当を得られます。

レットイットライドのルール・配当編

プレイヤーは10のワンペア以上の役を持っていれば、配当を獲得できます。テーブル上に置かれたベット額に対する配当は以下のようになります。

ロイヤルフラッシュ  11000
ストレートフラッシュ 1:200
フォーカード     1:50
フルハウス      1:11
フラッシュ      1:8
ストレート      1:5
スリーカード     13
ツーペア       12
10以上のワンペア  11

 

レットイットライドの勝ち方・攻略法

①10のペア以上の役ができたら、勝利が確定しているため、Let it ride を選択する。
②1回目のベッティングラウンドでは、ギャップがあるストレートフラッシュドローでなく、ペアでもない場合、大半のカードでPull it Backを選択する。
③2回目のベッティングラウンドでフラッシュドローができていたら、Let it ride を選択する。ストレートドローの場合は、オープンエンドで、10以上のカードが1枚あれば、Let it ride を選択する。

プレイ動画