カジノゲーム

マカオダイス(魚蝦蟹)のルールを解説

Pocket

マカオダイス(魚蝦蟹)は、伝統的なサイコロゲームで、中国南部から東南アジア全域において、旧正月によく遊ばれています。遊び方、配当はサイコロゲームのシックボー(大小)とほぼ同じですが、サイコロ点数の代わりにそれぞれ魚、エビ、ひょうたん、貨幣、カニ、鶏が描かれており、同じ絵が描かれたテーブルに賭けて親と勝負します。プレイヤーはサイコロを機械で振った数を予想します。大小を当てるのみならず、3つのサイコロの出目の合計を当てたり、3つのサイコロのうち、1つや2つの絵柄を当てたりする等のさまざまな賭け方があります。賭けるエリアがたくさんあるため、最初は難しく感じるかもしれませんが、とても簡単で初心者でもすぐ覚えられます。

マカオダイス(魚蝦蟹)の基本ルールと遊び方(流れ)

賭けたいチップをクリックします。賭けたい箇所にマウスを合わせクリックするとチップを賭けることができます。テーブル上の賭けたい場所に、チップを自由に置いていきます。カウントがゼロになるまで、増やしたり、キャンセルしたり自由にできます。賭ける場所の数に制限はないので、何箇所に賭けても構いません。カウントがゼロになると、ベット受付終了です。時間が来るとディーラーがボタンを押し、密閉された容器の中に入っているサイコロが3つ振られます。配当を獲得した場所には所定の配当が配られます

マカオダイス(魚蝦蟹)のルール・賭け方編

魚が1、エビが2、ひょうたんが3、貨幣が4、カニが5、鶏が6の点数を持っています。

マカオダイスには以下のような賭け方のオプションがあります。

ナンバーベット 1つ出たら2倍、2つ出たら3倍、3つ出たら8
テーブル下段の1から6までの数から1つ選びます。選んだ数のサイコロが出たら、出た数に従い配当を獲得できます。

サイコロの組合せベット 7倍
2
つのサイコロの組合せから選んで賭けます。両方の数字が出れば勝ちです。

トータルベット 7倍~63
3
つのサイコロの合計に賭けます。賭けられる合計は4から17までです。

あらゆるダブルベット 11
特定のダブルの絵柄が出ることに賭けます

あらゆるトリプルベット 33
3
つのサイコロの目が同じ数字なら勝ちです。

スモール/ビッグベット 2
小ベットは3つのサイコロの目の合計が4から10なら勝ちです。大ベットは合計が11から17なら勝ちです。ゾロ目が出た場合は、合計数が当たっても負けになるので、注意が必要です。


奇数
/偶数ベット 2倍
3つのサイコロの目の合計が奇数か偶数かに賭けます。 

一色指定 2倍
サイコロの中に一つだけベットの色と一致します。 


二色指定 4倍
サイコロの中に
2つだけベットの色と一致します。 

三色指定 21倍
特定の色が
3つそろって出ることに賭けます。

任意三色 8倍
全サイコロの色が一致します。 


サラウンドダイス 181倍
特定の絵柄が
3つそろって出ることに賭けます(例えば、サイコロが全てカニ)。 

1つの絵柄を指定する 絵柄を指定してベットする。 配当2倍~4倍

マカオダイス(魚蝦蟹)の勝ち方・攻略法

ビッグ/スモールに賭ける場合、胴元の利益であるハウスエッジは2.8%です。控除率が最も低いため、ビック/スモールに賭けるのが理論的には、最も勝ちやすいと考えられます。特定トリプルベットでは、ハウスエッジが16.2%、特定ダブルベットでは、ハウスエッジが11.1%と高くなるため、お薦めできる賭け方ではありません。
またマカオ式とオーストラリア式では、配当が異なります。ルーレットで例えると、アメリカンとヨーロピアンでハウスエッジが異なるのと似ています。マカオ式だと、配当が低くなる賭け方があり、そのため特定トリプルベットでは、ハウスエッジが30.1%、特定ダブルベットでは、ハウスエッジが33.3%と非常に高くなります。スキルゲームではなく、運のみなので、大か小に賭けるのが無難であると思います。

プレイ動画