オンラインカジノ

オンラインカジノは違法?合法?グレーゾーン?安全に遊ぶための注意点

オンラインカジノについて、ネット上では「違法」「合法」「グレーゾーン」など、様々な意見が飛び交っています。

カノちゃん
カノちゃん
そうそう、実際のところ、オンラインカジノは違法なの?合法なの?逮捕される心配はない?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
オンラインカジノは、色々な情報が錯綜していて不安になるよね。
トウシくん
トウシくん
このページでオンラインカジノの違法性・合法性について検証していき、はっきりと結論を出しましょう!

このページでは、オンラインカジノの違法性について検証するため、

  • 「違法」「合法」「グレーゾーン」それぞれの主張を紹介
  • オンカジ違法性の基準となる「スマートライブカジノ事件」を参考にする
  • オンカジ利用が違法にならないための注意点

についてお伝えします。

オンラインカジノの違法・合法・グレーゾーンの主張

オンラインカジノについて調査したところ、「違法だ」「合法だ」「グレーゾーンだ」という3つの意見に分かれています。

まず、それぞれの意見・主張を見てみましょう。

オンラインカジノが「違法だ」という人の主張

オンラインカジノは違法だと思いますが、ほとんどの日本人は「合法」もしくは「グレーゾーン」という認識ですよね。日本での利用者は数百万人いると言われています。
オンラインカジノに関して、警察も政治家も規制する気はないようです。

オンラインカジノが「合法だ」という人の主張

オンラインカジノは海外が胴元なので、日本の賭博罪は適用されないです。
ライセンスを取得しているオンラインカジノなら問題ありません。

オンラインカジノは「グレーゾーンだ」という人の主張

オンラインカジノは合法でも違法でもありません。法律にオンラインカジノに関する記載がない以上、どちらとも言えませんが、現状ではオンラインカジノをプレイして逮捕されることはありません。
オンラインカジノはグレーゾーンですが、注意点を守ることで安全に利用できますよ。

主張する人の割合

主張する人の割合は下記の通りです。

  • 違法:約10%
  • 合法:約40%
  • グレーゾーン:約50%
トウシくん
トウシくん
グレーゾーンだという意見が最も多いです。

オンラインカジノは違法ではないが注意点がある

結論を言うと、オンラインカジノは違法ではありませんが、注意点を守る必要があります。

また、現状ではオンラインカジノの法律が定められていないので、合法だと断言できないという点から、グレーゾーンだと判断できます。

しかし、グレーゾーンと言われても「曖昧な表現でわかりづらい」「結局どうしたらいいの?」と思う方は多いことでしょう。

注意点さえ守っていれば、違法だと判断されたり、逮捕されたりといった不安は一切ありません。

まとめると、

  • オンラインカジノは違法ではないが、グレーゾーン
  • 注意点を守ってプレイすれば安全
トウシくん
トウシくん
オンラインカジノを利用するにあたり、注意点を把握することが大切です。

スマートライブカジノ事件はオンカジ違法性の基準

過去にオンラインカジノ関連の摘発は何度かありました。

例えば、詐欺をしていたオンラインカジノや、日本で運営していたことを隠していたオンラインカジノが、摘発されたことがあります。

しかし、過去の摘発事例の1つである「スマートライブカジノ事件」は詐欺でもなく、運営元も海外ですが、日本人プレイヤーの逮捕者が出たという特殊な事例です。

スマートライブカジノ事件とは

引用:産経WESTニュース

2016年3月に起こった出来事で、海外が運営元の「スマートライブカジノ」を利用した日本人プレイヤー3人が逮捕されました。

  • 逮捕理由:日本人専用のオンラインカジノだと判断されたため、日本の賭博罪に当てはまるという容疑
  • 日本人専用と判断された理由:日本人だけに向けたサービスがあったため

なぜ3人のプレイヤーだけ特定された?

3人のプレイヤーは、ブログなどで、スマートライブカジノの利用や収支を投稿していたため、個人が特定されたようです。

最終的には不起訴・無罪に

最終的には、2人は略式起訴、1人は不当な逮捕だと裁判で戦い、無罪の判決が出ています。

略式起訴とは、悪質ではない軽微な事件の場合に利用できる制度で、裁判を避けたい人が罰金を支払い、簡易的な手続きで処理することです。

2人は裁判をしたくなかったため、略式起訴を選びましたが、1人は無罪を主張して裁判で争うことに。

その結果、「運営元が海外で、ライセンスを所有して合法的に運営しているオンラインカジノは処罰されず、プレイヤーが処罰されるのはおかしい」という訴えが通り、無罪となりました。

この事件以降、合法的に運営しているオンラインカジノを利用した日本人プレイヤーが逮捕されたという事件は起こっていません。

そもそもスマートライブカジノは悪質運営会社だった

スマートライブカジノのオーナーは計画倒産を図り、2016年7月に突然サイトを閉鎖。

多くのプレイヤーはアカウントに資金が残ったまま出金できない状態となり、スタッフの給料も支払われなかったようです。

そしてそのまま、スマートライブカジノのオーナーは、プレイヤーもスタッフも裏切り、逃げてしまいました。

結果論ではありますが、悪質な運営会社だったため、違法性を疑われるようなサービスを提供するなど、利用者のリスクを考えないやり方だったのだろう想定できます。

トウシくん
トウシくん
悪質なオンラインカジノの利用はリスクがあるので、運営会社の信頼性も見極めたいですね。

スマートライブカジノ事件を受けて・注意点

  • 日本人専用に特化しているオンラインカジノは利用しない
  • SNS等でオンラインカジノの利用・収支を公開しないこと
  • 出金トラブルがあるオンラインカジノは利用しない
  • 評判が悪いオンラインカジノは利用しない

スマートライブカジノ事件以降、合法的な海外のオンラインカジノを利用した日本人が逮捕されたことはないので、過剰に心配する必要はありません。

ただし、悪質運営のオンラインカジノを利用しないことが重要なポイントです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
その他にも、オンラインカジノの違法性を疑われないための注意点があるので、まだまだ紹介していきますね!

オンラインカジノ利用が違法にならないための注意点

「スマートライブカジノ事件」を基準に、オンラインカジノ利用の注意点を少し紹介しましたが、他にも注意点があるので紹介します。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
これから紹介する注意点さえ守れば、オンラインカジノの利用で違法性を疑われることはありません。

運営元が海外であること

例:カジノシークレット

日本の賭博罪に当てはまると違法になるので、運営元は海外であることが必須条件です。

運営会社やオンラインカジノ専用の決済会社など、オンラインカジノの運営に関わる会社が日本にあるオンラインカジノの利用はNGです。

日本の電話番号が記載されているオンラインカジノは避ける

オンラインカジノの問い合わせ先に、日本の電話番号が記載されている場合は、利用しないようにしましょう。

運営会社が日本であることを隠すために、住所を記載していない悪質なオンラインカジノがあるかもしれません。

その場合、電話番号によって、運営が日本であることが発覚するケースもあります。

ライセンス証を確認すること

例:カジノシークレット

ライセンス名だけ表記されているのではなく、ライセンスマークを押してライセンス証が表示されるかどうかも確認しましょう。

ライセンス証の確認は、合法的に運営しているかどうかを判断するために大切です。

ライセンス証のステータスまで確認すること

例:カジノシークレット

合法的に運営するためには、ライセンスの取得が必須です。しかし、期限切れのライセンスをそのまま載せている可能性も否定できません。

ライセンス証のステータスを確認して、「Valid」や「verified」となっていれば、ライセンスが有効もしくは検証済みである証。

「invalid」や「unverified」となっていたら、ライセンスの無効もしくは未確認を意味するので、そのオンラインカジノの利用は避けましょう。

インカジは違法なので利用しないこと

インカジとは「インターネットカフェカジノ」の略で、オンラインカジノとは別物です。

日本に店舗があるインターネットカフェの利用者に、オンラインカジノをプレイさせて現金をやり取りするというもの。

インカジのスタッフに現金を渡し、オンラインカジノで勝利したら、手数料(胴元の利益)を差し引いた勝利金を受けとれるという仕組みです。

利用者は入金・出金の手間なく、その場で勝利金を手にできますが、このような行為は完全に『違法』です。賭博罪で逮捕されるので、インカジは利用しないようにしてください。

海外から配信された「ライブバカラ」の映像を使って賭博を行ったなどとして、警視庁保安課は、常習賭博の疑いで、 東京都渋谷区道玄坂、インターネットカジノ店「ウォーリー」など2店を摘発、同容疑などの現行犯で、同店の店舗責任者ら16人を逮捕した。 いずれも容疑を認めている。

逮捕容疑は、17日、店内に設置したパソコン12台を使って、客を相手に賭博をしたとしている。

同店では1ポイント100円、または1ポイント1円で換金可能な点数を賭け、画面に現れるトランプの組み合わせによって勝敗を争うなどしていた。

同店の会員は約1300人おり、営業を開始した2月下旬以降の売り上げは約2億1600万円に上るという。(2017年11月20日配信ヤフーニュース引用)

逮捕された16人には、もちろん客も含まれます。

インターネットを使用したカジノを店舗で行うことを通称【インカジ】といいますが、インカジはカジノを開いているお店側も逮捕されますが、その場にいた客も同じく逮捕されます。

またインカジはその経営のほとんどが暴力団関係者です。安全に遊べるかどうか、考えるまでもありません。

トウシくん
トウシくん
日本の店舗でオンラインカジノをさせて利益を得る胴元がいることが違法。スタッフはもちろんのこと、利用者も違法行為となります。いわゆる闇カジノの一種です。

オンラインカジノの違法性・まとめ

運営元が海外で、信頼できるライセンスを取得しているオンラインカジノを、日本の自宅などでプレイすることは、違法ではありません。

ただし、グレーゾーンではあるので、注意点を守ることが大切です。

例えば、店舗で勧誘されてもオンラインカジノをしないこと、日本人だけに向けたサービスをしているオンラインカジノを利用しないことなど。

このページで紹介した注意点をもう一度確認していただき、安全に利用しましょう。

オンラインカジノが違法だと判断されないためには
  • 注意点を守ってオンラインカジノ利用すれば、違法だと判断されたり逮捕されたりする心配はない
  • 海外が運営元・ライセンス証の確認は必須
  • 「日本人専用のアピールが強い」「評判が悪い」オンラインカジノの利用は避ける
トウシくん
トウシくん
リスクを避けるためには、オンラインカジノの利用や収支をTwitterやブログなどにアップする行為もおすすめできません。
カノちゃん
カノちゃん
オンラインカジノの評判を確認することも大切なんだね。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
これらの注意点を守ることで、オンラインカジノは安全に楽しく利用できるよ!
【最新】おすすめオンラインカジノランキング

ネットカジノジャパンでは初心者の方でもオンラインカジノを安心して始めることができるよう、おすすめのオンラインカジノサイトをランキング形式で紹介しています。

最新の「ランキングページ」をご覧ください。