未分類

闇カジノ(裏カジノ)に出入りしている有名人まとめ

昨今ニュースで闇カジノに通っていた芸能人が多く摘発されています。

今回はそんな闇カジノに入店し逮捕された芸能人についてまとめました。

 

そもそも闇カジノとは何か?

違法にルーレットやカード、ダイスなどの賭博を行う娯楽施設のこと。

 

闇カジノでは、利用者が入場時にチップと呼ばれるお金の替わりになるものを購入し、チップを用いてゲームを行う。利用者はチップをお金に交換することが可能である。一連のシステムは、刑法の定める「賭博」、および、「常習賭博及び賭博場開張等図利」に該当する違法行為である。よって、闇カジノの運営側はもとより、利用者も処罰の対象になる。

 

闇カジノは、主に大都市の繁華街で見られるが、間もなく警察によって摘発されるケースがほとんどである。

新語時事用語辞典より引用

 

とあります。要するに日本で禁止されている賭け事を開催している店舗の事を闇カジノと言います、また闇カジノの経営はほとんどが暴力団関係者で、逮捕以外でのトラブルも多く考えられます。

 

闇カジノに通う有名人の事件例

 

ここ最近、記憶に新しい事件が2件あります。その両方を簡単に紹介します。

 

俳優のEとSAの三男であるSRの違法賭博疑惑

1件目の例は2017年2月。

俳優のEとSAの三男であるSRの【違法賭博疑惑】が報じられました。

 

両者は雑誌「フライデー」に、闇カジノ店に出入りして写真をスクープされ話題になりました。ちょうど2世タレントの不祥事も続いていた時期なので、各メディアでも多く取り上げられ、ワイドショーでも盛んに放送されていたので、記憶に新しいと思います。

 

報道直後の説明では、両者とも店に行ったことは認めているが、「違法賭博を行う店ではないとの認識だった」「再来店した際、違法賭博の店と気づき、そのまま退店した」と説明していて、逮捕にはいたっていません。

 

しかし、フライデーの記事には「バカラ」に興じる二人の姿も映っており、また、本人達の言葉を信じるには、今までの素行からも(六本木では有名な要注意人物だったそうです)かなり微妙です。

 

実際WEB版のフライデーでも両者の謝罪コメントを「額面通り受け取る事はできない」とし、目撃者証言を掲載しました。

 

カネを賭けずにバカラをしていたなんてとんでもない話。二人は店内で現金をチップに替えていたし、ギャンブル中は店員と世間話するほどの“常連ぶり”でした。

 

と語っていました。

そしてこの報道のわずか8か月後、SAの三男であるSRは今度は覚せい剤使用で逮捕されました。

 

バトミントン選手MとT一違法賭博逮捕

 

そしてもう一つ2016年に違法カジノ店での賭博行為が報じられたのはバトミントン選手のMとTの二人です。特にMはリオデジャネイロのオリンピック代表入りが確実で、メダル候補と言われていた事もあり、大きなニュースになりました。

 

先に闇カジノに通い始めたのはTの方でした。彼はジャージ姿で、ラケットももって堂々と現れていたようです。まったく罪の意識がなかったのでしょうね?

彼はギャンブル依存症の様子で、1日に3回も来店することもあったようです。1週間程度通い始めたあと、TがM他にも同じバトミントン選手らしき人を何人か連れて来店し、その後もハマって通い続けたのがMだったようです。

 

闇カジノ通いがバレたきっかけは、全く違うルートでした。バレた当時はすでによく通っていた闇カジノは摘発された後ですし、その時の捜査で、警察が動かなかったのですから、2人は安心していたと思います。しかし、伏兵は意外な所にいまいした。

きっかけは「デイリー新潮」に掲載された一枚の写真のようです。

このスナックのママとのキス写真がきっかけだったようです。

この写真が裏の人間(暴力団関係者)の手に渡ってしまい、この女性がその筋とつながりがあった為、写真買い取りの脅迫電話がかかってくるようになりました。個人で対応できなくなった本人が、しかる場所に相談するにあたり、闇カジノ通いも告白せざるを得なかったと思われます。

 

結果、こちらの二人は闇カジノに入店したことも、金銭を賭けたことも認めていて、勿論バドミントンの強化選手も外され、無期限試合出場禁止の処分もうけています。

 

闇カジノに通う有名人の噂

闇カジノに通う有名人の噂は後を絶ちません。今巷でささやかれている噂ではこんな人物があげられます。噂の有名人9人をまとめました。

 

夕刊フジのサイトzakzakによると闇カジノに出入りが噂されているのは以下の9名のようです。

  • 30代女性タレント…バラエティー番組を中心に活躍し離婚歴がある。お金は彼氏が持っている。イニシャルS
  • 女性歌手…大使館カジノに出入りしている。大使館カジノに入れる地位をもった人物で大物歌手だとされる。
  • 大手事務所所属の女優…2000年になってから人気がでた大手事務所所属の女優。顔を見られても悪びれる様子もなく堂々としていた人物。
  • 関西で有名な人気バンドメンバー…浮気と闇カジノが発覚して離婚した関西で人気のバンド。
  • 大相撲OB2…分で賭けるのに飽き足らずバカラテーブルを購入した優勝経験がある力士

男性アスリート…先ほど挙げた女性歌手の麻雀仲間

元プロ野球選手2…現役を退いて間もない巨人軍OB

 

もちろん誰かと名前を挙げているわけではないですが、ネット上では、どれがだれなのか憶測が飛び交っているようです。

 

闇カジノに通う有名人まとめ

いかがでしたか?このように闇カジノに通う有名人は多くいるようですが、皆様は決して闇カジノには近づかないでください。1度入店するとなかなか抜け出せませんよ。

 

名古屋で起きた闇カジノ摘発のニュースをまとめました。

 

2017年10月11日/バカラ店経営「横綱」賭博開帳図利で逮捕

金銭トラブルになった客の通報によって摘発されました。

 

 

事件詳細

名古屋・栄のカジノ店でバカラ賭博を行ったとして、愛知県警は経営者や客の男ら 6人を逮捕しました。警察はバカラ台などを押収し、店の営業実態などを調べています。

 

逮捕されたのは、名古屋市中区栄4丁目のカジノ店「横綱」の経営者 (43)や客の男ら合わせて6人で、トランプを使った「バカラ賭博」で利益を得ようとした 賭博開帳図利などの疑いです。

 

10日未明、逮捕された客らが「高額な負け分を請求され支払いでもめている」と 警察に通報したため、駆けつけた警察がそのまま店内を捜索しました。

 

店からはバカラ台3台やトランプ、それにチップなどが押収され、容疑者は 警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。

 

警察は店の営業実態や売上金の流れなどを調べることにしています。

(YAHOOニュース引用)

 

2015年2月18日/バカラ賭博店「大吉」賭博開張図利容疑で逮捕

こちらもバカラ賭博店舗の摘発です。店内に「半月で7,000万円売り上げた」というメモがあったそうです。

 

 

事件詳細

バカラ賭博をしていたとして、愛知県警中署などは18日、名古屋市中区錦3のカジノ店「大吉」の経営者(33)と従業員の計10人を賭博開張図利容疑で、客6人を賭博容疑で現行犯逮捕した。

 

容疑は18日午前10時55分ごろ、店内で賭博場を開き、トランプを使うバカラ賭博をし、客から金を徴収したなどとしている。小倉容疑者は「何も言いたくない」と供述しているという。

(引用:毎日新聞)

 

「半月で7,000万円売り上げた」と書かれたメモなどが押収されているという話もあり、相当な売り上げがあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

2012年2月4日/バカラ賭博店「ゴッホ」賭博開帳図利容疑で逮捕

こちらも人気のバカラ賭博で摘発です。従業員5人、客6人、合計11人の逮捕です。

 

 

事件詳細

2012年2月4日、愛知県警保安課と名古屋中署などは、賭博開帳図利の疑いで名古屋市中区栄4のカジノ賭博店「ゴッホ」の責任者(35)と男性従業員5人、さらに同店の男女客6人を現行犯逮捕した。

 

愛知県警によると、容疑者らは同日午後10時ごろ、繁華街一角のビル2階にある店内賭博場で客6人らにバカラ賭博をさせて手数料(コミッション)を得ていた疑いがもたれている。

 

この日、賭博に使われたとみられるバカラテーブル2台が押収され、同容疑者は容疑を認めている。また、店の売上金が暴力団組織の資金源になっていた可能性もあるとみて追及している。

(インカジ速報引用)

 

【最新】おすすめオンラインカジノランキング

ネットカジノジャパンでは初心者の方でもオンラインカジノを安心して始めることができるよう、おすすめのオンラインカジノサイトをランキング形式で紹介しています。

最新の「ランキングページ」をご覧ください。