投資法

2/3ベット法とは?

Pocket

誰しもがギャンブルにおいて、ここだけは絶対に負けたくないというシチュエーションがあると思います。

もし勝率が100%の投資法が存在するならばどうでしょうか?

今回ご紹介する投資法は、勝率が100%とは言いませんが、98.48%の確率で勝てる投資法です。

その名も2/3ベット法(98.48%法)です。

この投資法のやり方をオークションなどでも高値で見かけることも多いため、今回は3/2ベット法の賭け方やメリット・デメリットまで細かく解説します。

【目次】
1.2/3ベット法とは
2.2/3ベット法の実践例
3.2/3ベット法の特長
4.2/3ベット法のメリット
5.2/3ベット法のデメリット
6.2/3ベット法が使えるゲーム

1.2/3ベット法とは

これまでにも多くの投資法をご紹介してきましたが、今回の投資法はいわゆる数列を使った投資法や賭ける箇所を増やしていく投資法とは異なります。

ある一定の条件がそろったときにのみ使用できる投資法なのです。

3/2ベット法は、ルーレットのコラム・ベットダズン・ベットを使用するシステムとなっており、勝率が50%で配当が3倍のゲームにて効果を発揮します。

賭ける場所ですが、コラム・ベットで使用する3ヶ所のうち2ヶ所、またはダズン・ベットで使用する3ヶ所のうち2ヶ所に賭けていきます。

使用する金額は任意で構いません。

2/3ベット法を使用するタイミングですが、これはコラム・ベット、もしくはダズン・ベットの結果が3回連続で同じ結果が確認されたときに限定されます。

つまり、1ゲーム目から3ゲーム目までの結果がすべてダズン・ベットの「1st12」であったというような具合です。

それを確認した後に、「1st12」を除く残りの2ヶ所に賭けていくという流れになります。

文章だけでは分かりづらいという方のために、実践したプレイ画像をもとに見ていきましょう。

2.2/3ベット法の実践例

では、2/3ベット法の実践での流れを見ていきましょう。

基本的には投資法で使用する金額については、少額からのスタートをオススメしていますが、今回の2/3ベット法に関しては高い勝率を誇るため、少し高額からのスタートをオススメします。

ここでは10ドルで賭けていきます。

2/3ベット法では、投資法を使用するタイミングは同じ結果が3回続けて確認できてからですので、いきなりゲームに参加はせず、数ゲームは観戦するスタイルでいきます。

まずは1ゲーム目にまいります。

1ゲーム目では、どこにボールがいくのかを様子見しましょう。

結果は「赤の9」でした。

コラム・ベットであれば上段の「3、6、9、12、15、18、21、24、27、30、33、36」であれば勝利です。

また、ダズン・ベットであれば「1st12」で勝利となります。

続いて2ゲーム目にまいります。

2ゲーム目についても、1ゲーム目の結果を踏まえて観戦していきます。

結果は「黒の26」でした。

コラム・ベットでは中段の「2、5、8、11、14、17、20、23、26、29、32、35」であれば勝利となります。

また、ダズン・ベットであれば「3rd12」であれば勝利となります。

1ゲーム目では、コラム・ベットは上段、ダズン・ベットでは「1st12」が当たりでしたので、2ゲーム目では同じ結果とはなりませんでした。

この2ゲーム目の結果を踏まえた上で、3ゲーム目を見ていきましょう。

3ゲーム目にまいります。

3ゲーム目でも2ゲーム目と同じ結果が出るのかどうかを観戦していきます。

結果は「黒の33」でした。

コラム・ベットでは上段が当たり、ダズン・ベットでは「3rd12」が当たりでしたので、次の4ゲーム目にダズン・ベットで「3rd12」が当たりとなれば、2/3ベット法の開始となります。

続いては4ゲーム目にまいります。

4ゲーム目でもこれまでと同じようにゲームの展開を見守ります。

注目すべきはダズン・ベットにて「3rd12」がくるのかどうかです

結果は「赤の34」となりました。

コラム・ベットでは下段が当たり、ダズン・ベットでは「3rd12」が当たりとなりました。

ここまでのゲーム展開では、2ゲーム目3ゲーム目4ゲーム目でダズン・ベットの「3rd12」を3回連続で記録しています

よって、次の5ゲーム目では、「3rd12」を避けた「1st12」「2nd12」に賭けていきます。

続いては5ゲーム目にまいります。

5ゲーム目では、これまでの結果を踏まえてダズン・ベットの「1st12」「2nd12」10ドルずつの合計20ドルを賭けていきます。

結果は「赤の21」でした。

コラム・ベットでは上段が当たり、ダズン・ベットでは「2nd12」が当たりとなるため、見事に的中しました。

10ドルを賭けて配当は3倍ですので、30ドルの賞金が手に入ります。

賭けた20ドルを差し引くと、これで累計損益は+10ドルとなります。

このように、ダズン・ベットの「3rd12」が3回続き、2/3ベット法の条件がそろいプレイし見事勝利した場合には、そこで投資法をストップさせます

もし、この5ゲーム目で負けた場合には、そのまま6ゲーム目に突入します。

このときに5ゲーム目の結果が、ダズン・ベットの「3rd12」であった場合に限ります。

6ゲーム目では、同じく「3rd12」を避けた「1st12」「2nd12」に10ドルずつ賭けていきます。

6ゲーム目に勝った場合にも5ゲーム目と同様に投資法をストップさせます。

また新たに始めたい場合には、同じ結果を3回確認してから2/3ベット法のスタートとなります

ご覧のように勝率が高く、ほとんど負けることのない投資法ですので、絶対に負けたくないという場面で使用すると最適です。

3.2/3ベット法の特長

2/3ベット法の別名にもある通り、98.48%の確率で勝利できることが最大の特長です。

3回同じ結果が出ることを確認できるまでは、ひたすら観戦という形にはなりますが、それでもこの勝率の高さを実感すれば、これ以外の投資法は使えなくなるほどの効果があります。

短期間でリスクを限りなく避けて稼ぎたいという方には、ぜひオススメしたい投資法です。

4.2/3ベット法のメリット

2/3ベット法のメリットは大きく分けると2つあります。

・98.48%の勝率

3回同じ結果が出た後に、4回目も同じ結果が出る確率は1.52%しかないという理論のもとに98.48%法は成り立っています。

つまり、4回目は違う場所に賭けたほうが限りなく勝利に近づくという投資法です。

ほとんど負ける確率が低いため、ひたすら観戦する時間が流れていきますが、条件がそろったときにこそ大きく勝負に出ても良いでしょう。

・リスクが少ない

同じ結果を3回確認することに時間がかかりますが、確率にもとづいた投資法を実践しているため、負ける確率も極端に低くなっています。

負ける確率は1.52%しかないため、リスクが少なくリターンの大きい投資法だと言えます。

5.2/3ベット法のデメリット

2/3ベット法の最大のデメリットは、連敗が続いてしまうと損失の回収が難しいということです。

限りなく100%に近いまさに必勝法と呼べるマネーシステムではあるのですが、ギャンブルという特性を考えると絶対勝てるということはあり得ません。

1.52%は負ける可能性があるため、万一にも2連敗3連敗と連敗が続いてしまった場合には、賭け金を上げるなどの対策をしないと損失回収できない可能性もあります。

かなり確率は低いですが、連敗の可能性があることも頭に入れておきましょう。

6.2/3ベット法が使えるゲーム

2/3ベット法は、ルーレットのアウトサイドベットエリアを使用した投資法となっています。

つまり、ルーレットでのみ使用できる投資法です。

コラム・ベットもダズン・ベットもともに3倍の配当が付くポジションであり、当たりとなる範囲が広く設定されているため、積極的に賭けていけるポジションとなっています。

勝率98.48%は他の投資法では実現できない確率です。

必ず勝利したいという方は、ぜひ試しに使ってみてください。