投資法

グレートマーチンゲール法とは?

Pocket

その名前からも分かるように、マーチンゲール法の攻撃的な攻めをさらに特化したのが「グレートマーチンゲール法」です。

マーチンゲール法の強化版ですので、必然的に賭ける金額やリスクも上がっていますが、それ以上にリターンで獲得できる賞金の額もグッとアップしています。

グレートマーチンゲール法の使い方やメリット・デメリットを中心に解説していきます。

一発逆転で大金をつかみたいという方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1. グレートマーチンゲール法とは
2. グレートマーチンゲール法の実践例
3. グレートマーチンゲール法の特長
4. グレートマーチンゲール法のメリット
5. グレートマーチンゲール法のデメリット
6. グレートマーチンゲール法が使えるゲーム

1.グレートマーチンゲール法とは

グレートマーチンゲール法はこれまでに負けた損失額を一気に回収することが可能な一発逆転投資法です。

負けた損失を一気に取り返す戦略ですので、自然と賭け金も膨らんできます。

負けが続くと賭け金が100ドルや200ドルを超えることも珍しくないため、常時使用する投資法ではありません

どうしても負けられない一戦や背に腹は代えられないというような状況で効果を発揮します。

もちろん使うシチュエーションもポイントがあるため、グレートマーチンゲール法の詳しい使い方も解説していきます。

2.グレートマーチンゲール法の実践例

グレートマーチンゲール法は、これまでの損失分を一度に回収していく投資法です。

賭け金も大きくリスクも高いため、勝率が50%でなおかつ配当が2倍のゲームで使用します。

初めに賭けていく金額を設定するのですが、これは任意の金額で構いません。

ここではリスクも考慮し5ドルで賭けていきます。

1ゲーム目に5ドルでプレイする場合には、負ける度に直前の損失額の2倍と初期投資額を足した数字を賭けていきます

つまり、2ゲーム目の賭け金は15ドル、3ゲーム目は35ドル、4ゲーム目は75ドルとなります。

この法則だけ覚えておけば問題ありません。

ポイントは、初期投資額と直前で負けた損失額の2倍を足した数字を賭けていくことです。

では、1ゲーム目にまいります。

1ゲーム目では5ドル「赤」に賭けていきます。

結果は「黒」でしたので、5ドルは没収されてしまいました。

これで累計損益は-5ドルとなります。

今回1ゲーム目に負けてしまったため、2ゲーム目からグレートマーチンゲール法を使用していきます。

2ゲーム目の賭け金は、1ゲーム目に負けた5ドルと、損失分である5ドルの2倍である10ドルを足した15ドル「赤」に賭けていきます。

結果は残念ながら「黒」でしたので、賭けた15ドルは没収されてしまいます。

これで累計損益は-20ドルとなります。

2ゲーム目にして損失が20ドルとなりましたが、グレートマーチンゲール法の真骨頂はここからです。

3ゲーム目にまいります。

3ゲーム目では、初期投資額である5ドル、それに2ゲーム目の損失額である15ドルの2倍である30ドルを足した35ドル「赤」に賭けていきます。

結果はまたもや「黒」でしたので、賭けた35ドルは失ってしまいました。

これで累計損益は-55ドルとなり、損失額が膨らんできたため少し弱気にもなり兼ねない展開ですが、ここは負けずに攻めていきます。

続いて4ゲーム目にまいります。

4ゲーム目では、初期投資額である5ドル、そこへ直前で負けた35ドルの2倍である70ドルを足した75ドル「赤」に賭けていきます。

結果は見事に「赤」でしたので、配当は75ドルの2倍で150ドル手に入ります。

配当は150ドルですが、利益は賭けた金額である75ドルを引くと75ドルになります。

この75ドルからここまでの損失分である55ドルを引くと、これで累計損益は+20ドルとなりました。

これがグレートマーチンゲール法の力です。

一度で150ドルもの賞金を手に入れることに成功したため、これまでに膨れ上がっていた55ドルの損失を一気に消せました。

これで少し気持ちも楽になり、1サイクルを終了とするのも良いですが、せっかく勝ち始めたので5ゲーム目にいこうという場合には、もう一度賭ける金額を最初の設定金額に戻してプレイしてください。

勝ったら賭け金を元に戻すというルールを守り、負ければ初期投資額+直前の損失×2倍を賭けることさえ守っていれば、損失を取り戻せないという結果には終わりません。

マーチンゲール法とは異なり、これまでの損失分を取り返すだけではなく、さらに利益も上乗せしようというのが今回のグレートマーチンゲール法です。

窮地に追い込まれてしまいどうしようもない状況から救い出してくれる投資法と言えます。

3.グレートマーチンゲール法の特長

グレートマーチンゲール法の最大の特長は、やはり一発逆転できるだけの爆発力があることです。

これまでの損失を帳消しにするだけではなく、さらに利益まで乗せて勝つことができる画期的なマネーシステムです。

普通であれば連敗して気分が落ち込むものですが、いざというときのグレートマーチンゲール法さえあれば、連敗すればするほど勝利時の賞金額も上がるので不安はありません。

負けたタイミングでグレートマーチンゲール法は使用できますが、使うタイミングには注意が必要です。

1ドルからスタートする場合などには、3連敗をしても-3ドルですのでまだ耐えられる金額だと思います。

このような場合に賭け金を上げるグレートマーチンゲール法を使用するのは控えましょう。

負けたときのリスクだけが残り大きなリターンは望めません。

使いどころとしては、自分で損失が大きくなってきたと感じる損失額が良いでしょう。

10ドルなのか100ドルなのかは人によって異なりますが、使うタイミングを決めておくことがポイントです。

4.グレートマーチンゲール法のメリット

グレートマーチンゲール法のメリットは大きく分けると2つあります。

・勝利時の配当が大きい
最大のメリットは手に入る賞金の多さにあります。

累計損失がどれだけあっても、一発で帳消しにしてしまうほどの力があり、なおかつ利益まで上乗せで手に入れられます。

マーチンゲール法系統の投資法には、ギャンブラーの夢と希望が詰まっています。

・連敗すればするほど高額賞金ゲット
グレートマーチンゲール法は累計損失をゼロにします。

連敗し続けることで賭け金も毎ゲームで増えていくため、勝利時の獲得賞金も倍々で増えていく仕組みとなっています。

1ゲーム目や2ゲーム目ではなく、ある程度は損失が膨らんできたというタイミングで使用してこそ最大限で効果を発揮します。

5.グレートマーチンゲール法のデメリット

グレートマーチンゲール法のデメリットは大きく分けると2つあります。

・余裕ある資金が必要
連敗時には直前での賭け金の2倍+初期投資額を賭けていきます。

つまり、どんどん賭け金が増えていくシステムですので、1ゲーム目を5ドルで勝負しても、5ゲーム目では150ドルを賭けなければいけないことになります。

勝利時には大きな賞金を手に入れることが可能ですが、大きな金額を賭けるだけの資金を事前に準備しておく必要があります。

ハイリスクハイリターンとは、まさにグレートマーチンゲール法のことです。

・リスクが高い
連敗時には常に賭け金を上げながらプレイしていくため、勝つまでは損失が膨らみ続けます。

勝てないゲームがあまりに続くと、損失は簡単に100ドル200ドルと積み重なり、挙句の果てには取返しのつかないことにもなり兼ねません。

最終的には回収できますが、ゲームには最大賭け金も設けられているため、プレイ画像のケースでは最大賭け金である500ドルの2倍である1,000ドルまでしか回収できません。

どこかで一度でも勝てれば良いため、そこまで心配する必要もありません。

6.グレートマーチンゲール法が使えるゲーム

グレートマーチンゲール法は勝率が50%で配当が2倍のゲームで使用できます。

勝率が五分五分のゲームでは、これまでご紹介したルーレットだけではなく、ブラックジャックやバカラといったゲームもあります。

こちらはブラックジャックですが、これもプレイヤーが勝つかディーラーが勝つかの2択のゲームです。

勝率が50%で配当が2倍のゲームですので、グレートマーチンゲール法を使うことが可能です。

あまりに連敗が続き損失が膨らんできたというときにこそ、ぜひグレートマーチンゲール法を試してみてはどうでしょうか。