投資法

ハーフストップ法とは?

Pocket

なかなか勝ちをつかめない、最終的にはプラスの収益で終わらせられないなど、オンラインカジノをプレイする上で悩みはつきないと思います。

そんなあなたに試していただきたいのが、今回ご紹介するハーフストップ法です。

この投資法は何としてでも利益を確保しプラスの収益で終わらせたいと願うプレイヤーにはオススメしたいマネーシステムです。

ハーフストップ法の使い方や特長、メリットやデメリットについてもご紹介させていただきます。

【目次】
1. ハーフストップ法とは?
2. ハーフストップ法の実践例
3. ハーフストップ法の特長
4. ハーフストップ法のメリット
5. ハーフストップ法のデメリット
6. ハーフストップ法が使えるゲーム

1.ハーフストップ法とは?

ハーフストップ法のネーミングからも連想できますが、「儲けた利益の半分で止める」という方法で賞金を稼いでいくシステムとなっています。

初心者でも簡単に覚えられるシステムであり、オンラインカジノをプレイする上で、覚えておいて損はしない投資法です。

半分で止めるとはどういうことかと言うと、まず始めに目標とする金額を設定します

例えばですが、「今日一日で稼いだ100ドルを目標金額にする」など、自分の資金と相談しながら目標金額を設定しておきます。

半分とは、このときに設定した100ドルの半分である50ドルを指しています

つまり、目標金額である100ドルの半分である50ドルに到達した時点で、その日のゲームをやめてしまうというシステムなのです。

すると、確実に儲けた利益の100ドルから半分の50ドルは残ります。

当たり前ですが大事な考え方です。

調子良く勝っているのにやめてしまうのはもったいないと思われる方も多いかもしれませんが、それでも半分でストップするのがハーフストップ法です。

なぜなら、「あのときにやめておけば良かった…」という後悔を味わわせないためのマネーシステムだからです。

調子が良くてもイマイチだとしても、しっかりと目標金額の半分で自分の心にもストップをかけられるようにしていきましょう。

2.ハーフストップ法の実践例

では、実際にハーフストップ法を使用したプレイ画像をもとに、ハーフストップ法の使い方を見ていきましょう。

まずは目標とする金額を決めていきます

これは任意の金額で構いませんが、あまりにも無謀な目標を立てる、または初めから半分になることを見越して目標金額を設定することだけは避けましょう。

今すでに100ドルを稼いでいるため、その半分である50ドルを切ったらやめようという設定の仕方で問題ありません。

目標とする金額さえ決めてしまえば、あとはひたすら目標金額に達するまでプレイし続けるのみとなります。

ゲーム中の注意点ですが、必ず目標金額の半分まで達したら途中でゲームをやめることを徹底してください。

どうしても「あと1ゲームだけ挑戦しよう」となってしまうのが人間の弱いところです。

特に調子良く勝ちが続いている状況では、なおさらこのような心境になってしまうことが多いです。

しかし、その1ゲームで負けてしまい目標金額の半分を切ってしまったとすると、またハーフストップ法の仕切り直しということになってしまいます。

つまり、あと1ゲームだけのつもりが、一度の負けであと数回はプレイしなければいけない環境を作り出してしまったのです。

この現象に陥ってしまい、結果として半分はおろか、すべてプラスの収益を持っていかれてしまったという先輩プレイヤーは山ほどいらっしゃいます。

こうならないためにも、必ず目標金額の半分でゲームをプレイすることをストップしてください。

ちなみに、ハーフストップ法を使用するタイミングですが、ゲームの途中からとなります。

今まで得た利益を確実にプラスで守り切る投資法ですので、目標とする金額に累計利益が達した時点でハーフストップ法の発動となります。

具体的にプレイ画像とともにご覧ください。

まずは1ゲーム目です。

今回もルーレットで実践していきます。

「赤」20ドルを賭けました。

結果も「赤」でしたので、40ドルの配当となり累計損益は+20ドルとなりました。

続いて2ゲーム目ですが、今度は「赤」30ドルを賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、今度は60ドルの配当となり、累計損益は+50ドルとなりました。

目標金額は100ドルですので、そのままゲームは続行していきます。

以下の表は3ゲーム目から100ドルに達するまでの表です。

ハーフストップ法を使用する場合には、上記表のように目標とする金額を稼ぐ、またはすでに稼いでいる場合に使用します。

では、目標金額である100ドルを稼いだあとの11ゲーム目より解説します。

「赤」20ドルを賭け、結果も「赤」でしたので配当は2倍の40ドルでした。

これで累計損益は+120ドルとなり、ハーフストップ法を使用する上で使用可能な金額は70ドルということになります。

続いて12ゲーム目では「赤」10ドルを賭けます。

余裕があるので少し様子見です。

結果は「黒」でしたので、10ドルが没収され累計損益は+110ドルとなります。

これで使用可能な金額は60ドルとなってしまいました。

続いて13ゲーム目から目標金額である100ドルの半分50ドルになるまでを表にしてみました。

16ゲーム目で目標金額である100ドルの半分50ドルに達しましたので、ここでハーフストップ法の終了となります。

これで確実に本日の利益として50ドルは確保されました

こうして実際のプレイ画像をもとに見てみると、当たり前のように感じてしまいますが、こういった基本的な資金管理を行うからこそ、プラスの収益でゲームを終えられるのです。

3.ハーフストップ法の特長

この投資法の特長は、まさに利益を確実に確保できる点にあります。

勝ちが続いていると途中でやめることは誰にもできません。

また、負けが続いているとついつい大きく勝負に出たくなるときもあります。

しかし、自分の理性をしっかりと保ち、利益の半分をしっかりと守ってくれるのがハーフストップ法のすごさなのです。

4.ハーフストップ法のメリット

ハーフストップ法のメリットは2つあります。

・必ず利益を確保する
その日に儲けた利益の半分は必ず残るシステムです。
ハーフストップ法のルールを守って使用すれば、確実に利益を失うことはなく、これが一番のメリットだと言えます。

・どのゲームにも対応可能
今までご紹介してきた投資法のように、配当が2倍である、勝率が50%であるなど制限は特にありません。

ハーフストップ法はどのゲームにおいても使用することが可能であり、私たちに理性を思い出させてくれます。

他の投資法などと組み合わせながら、最終的にはハーフストップ法を使用するのも良いでしょう。

5.ハーフストップ法のデメリット

デメリットも2つあります。

・目標金額の半分を失う
あくまで目標とする金額は100ドルと仮定していますので、その半分の50ドルは確実に失うことになってしまいます。

もちろんその前に100ドル儲けたのでやめようと思えるのであれば、それはそれで利益が確保できますし、ハーフストップ法を使用することのないほど自制心を強く持っていると言えるでしょう。

・自制心を強く持つ必要がある
50ドルに達したらやめるという強い気持ちを持つことが何より難しいです。

ギャンブルにはつきものですが、あと1ゲームすれば勝てるかもと思ってしまうのがギャンブラーの性というものです。

半分で必ずゲームをやめるという強い気持ちが持てるかどうかがポイントです。

6.ハーフストップ法が使えるゲーム

ハーフストップ法は、目標とする金額の半分でゲームをやめる投資法であるため、基本的にはどのゲームでも使用できます。

また、どの投資法とも組み合わせて使えるほどの柔軟性を持ち合わせており、オススメはパーレー法などと組み合わせる方法です。

100ドルを目標金額とした場合に、その半分の50ドルに達するまでは賭け金を倍に増やしていくパーレー法でさらに利益を倍々に増やしていく方法です。

ちなみに、負けが続き損失が大きくなっている場合には、マーチンゲール法などで負けた分を取り返す投資法と組み合わせるのが最適です。

オンラインカジノをプレイするには、しっかりとした「自制心」が必要です。

楽しく健全にプレイしましょう。