投資法

Wストリート5ベット法とは?

Pocket

勝率が80%以上を誇る驚異的な投資法「Wストリート5ベット法」をご紹介します。

ベットする範囲を大きく広げていきながら勝率を上げていくスタイルであり、最終的に利益を確保していく投資法です。

一発逆転スタイルではありませんので、地道にコツコツと利益を重ねていく形にはなりますが、その安定感には定評があります。

今回は、Wストリート5ベット法の賭け方やメリット・デメリットなどを中心に解説していきます。

【目次】
1. Wストリート5ベット法とは
2. Wストリート5ベット法の実践例
3. Wストリート5ベット法の特長
4. Wストリート5ベット法のメリット
5. Wストリート5ベット法のデメリット
6. Wストリート5ベット法が使えるゲーム

1.Wストリート5ベット法とは

Wストリート5ベット法はルーレットにて使用する投資法であり、賭ける場所はインサイドベットエリアを中心に賭けていくスタイルとなります。

インサイドベットエリアとは、ご覧のように「0」から「36」までの数字を賭けるエリアのことを言います。

また、賭ける方法ですが、Wストリート5ベット法という名前にもある通り、ダブルストリートベットで賭けていきます。

上部画像のように、「1」から「6」「7」から「12」「13」から「18」「19」から「24」「25」から「30」「31」から「36」の6ヶ所のうち、5ヶ所にダブルストリートベットをしていきます。

賭ける金額は任意で構いません。

インサイドベットエリアにて、ダブルストリートベットを5ヶ所使用すれば投資法の使い方は問題ありません。

また、Wストリート5ベット法を終了させるタイミングに関しても任意のタイミングで構いません。

あらかじめ目標とする利益額を決めてプレイするほうが良いでしょう。

Wストリート5ベット法では、賭ける箇所が5ヶ所あるため、最低でも1ドル×5ヶ所分の資金は必要となります。

少ない資金で多くの場所に賭けることが可能なため、勝率80%以上というのもうなずけます。

2.Wストリート5ベット法の実践例

では具体的に実践したプレイ画像をもとに見ていきましょう。

ここでは1ヶ所に賭けていく金額を1ドルで設定しています。

賭ける場所は、「1」から「6」「7」から「12」「19」から「24」「25」から「30」「31」から「36」の5ヶ所に賭けていきます。

合計で5ドルを賭けてゲームを始めます。

結果は「黒の35」でしたので、見事に的中させることに成功しました。

賭けた1ドル6倍の配当が付くため、6ドルの賞金を手に入れました。

5ドルを賭けてプレイしたため、これで累計損益は+1ドルとなります。

続いて2ゲーム目にまいります。

同じく2ゲーム目でも、「13」から「18」を除いた5ヶ所にダブルストリートベットしていきます。

結果は「黒の29」でしたので、これで2連勝となります。

賭けた1ドルに6倍の配当が付き、6ドルの賞金が手に入ります。

5ドルを賭けてプレイしたため、これで累計損益は+2ドルとなりました。

続いて3ゲーム目にまいります。

3ゲーム目でも同じように、「1」から「6」「7」から「12」「19」から「24」「25」から「30」「31」から「36」5ヶ所に1ドルずつ賭けていきます。

結果は「黒の8」でしたので、見事に的中させることに成功しました。

賭けた1ドルに6倍の配当が付くため、6ドルの賞金が手に入りました。

5ドルを賭けてプレイしたため、これで累計損益は+3ドルとなります。

続いて4ゲーム目にまいります。

同じく4ゲーム目でも、「13」から「18」を除いた5ヶ所に1ドルずつダブルストリートベットしていきます。

結果は「赤の34」でしたので、見事に的中させることに成功しました。

1ドルを賭けて6倍の配当が付くため、6ドルの賞金が手に入ります。

5ドルを賭けてプレイしていますので、これで累計損益は+4ドルとなります。

続いて5ゲーム目にまいります。

5ゲーム目でも同じように、「1」から「6」「7」から「12」「19」から「24」「25」から「30」「31」から「36」5ヶ所に1ドルずつ賭けていきます。

結果は「黒の11」でしたので、これで5連勝できました。

賭けた1ドルに6倍の配当が付くため、6ドルの賞金が手に入ります。

5ドルを賭けてプレイしたため、これで累計損益は+5ドルとなります。

このように普通にプレイをしていても5連勝することが可能なほど、驚異的な勝率を誇っています。

賭ける場所が多いということは、それだけゲームに勝利する可能性が高いということにつながります。

この高い勝率を上手く利用することにより、地道ながら最終的には大きな賞金を獲得することも夢ではありません。

3.Wストリート5ベット法の特長

Wストリート5ベット法の最大の特長は、その驚異的な勝率の高さにあります。

約80%の勝率を誇っており、連勝することが当たり前の投資法となっています。

もちろん負けることもありますが、最初に設定する賭け金を少額からスタートしていれば、負けたときの精神的なダメージも少なく済みます。

また、連勝する確率が高いため、地道にコツコツと利益を積み重ねていくことが可能です。

ゲームを楽しめても利益が残らなければ少し寂しいという方には、ぜひオススメしたい投資法です。

4.Wストリート5ベット法のメリット

Wストリート5ベット法のメリットは大きく分けると2つあります。

・1ドルでも広範囲に賭けられる

ダブルストリートベットを使用することにより、1ドルでも5ヶ所という広範囲に賭けることを可能にしています。

勝率は80%以上を誇っており、5回に4回は勝つ計算となります。

賭け金を上げずして勝利できる投資法はなかなかありません。

・勝率が上がる

ルーレットとは本来はどこにくるのか分からないボールの行き先を当てるゲームです。

ダブルストリートベットのように広範囲に賭けられるベット方法を5ヶ所にわたり配置しているため、限りなく勝率を上げることに成功しました。

また、賭ける金額が1ドルでも1ドルずつは利益が積み重なっていくため、ゲームをプレイする回数により最終的な獲得賞金額は大きくなります。

5.Wストリート5ベット法のデメリット

Wストリート5ベット法のデメリットは大きく分けると2つあります。

・勝ったときの賞金額

やはり勝率が高い代償として獲得賞金の少なさが上げられます。

もちろんゲーム回数を重ねることにより、最終的に獲得できる賞金の額は変わりますが、1ゲームあたりの手に入る賞金が少ないことは否めません。

・連敗時の損失額

勝率が80%以上もあるWストリート5ベット法ですが、もし連敗してしまった場合には、その獲得賞金の少なさから、損失分を取り返すのに時間がかかるという欠点があります。

例えばですが、1ドルで5ヶ所に賭けてプレイした場合に、勝ったときの賞金は1ドルですが、負けた場合の損失額は-5ドルとなります。

つまり、これは5ゲーム分の賞金に値するため、いかに負けの損失が重いかが分かると思います。

6.Wストリート5ベット法が使えるゲーム

Wストリート5ベット法は、実践したプレイ画像にもあるように、ルーレットにて使用できる投資法です。

アメリカンルーレットでは「00」が含まれるため、少し確率が下がります。

特別な理由がなければ、ヨーロピアンルーレットにて使用してください。

ゲームを楽しみながら地道にコツコツと利益を積み重ねていきたいという方には、ぜひオススメしたい投資法です。