攻略法

オンラインカジノでマーチンゲールは禁止?やり方・確率・禁止されない理由

オンラインカジノでマーチンゲール法は禁止されているのでしょうか?

その答えを徹底調査し、これから解説していきます。

マーチンゲール法とは、

  • ギャンブルで利用する戦略の1つ、やり方が簡単で取り入れやすい
  • 連敗しても1回勝利をすれば損失を取り戻せる方法として取り入れる人が多い
  • 1回勝てばいいのでオンラインカジノで禁止されているのか?と疑問を抱く人が多い

といった特徴があります。

カノちゃん
カノちゃん
マーチンゲール法ってよく聞くけど、やり方がわからないの。詳しく教えてくれる?オンラインカジノで禁止されていない?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
マーチンゲール法はギャンブルにおいて有名な戦略の1つだよ!これから詳しく解説するね!

このページでは、オンラインカジノのマーチンゲール法について

  • 「禁止されているのか?」の回答
  • マーチンゲール法とは何か(やり方、例、使えるゲーム、確率)
  • マーチンゲール法が禁止されない理由

のことを詳しく解説します。

オンラインカジノでマーチンゲール法は禁止?

結論から言うと、オンラインカジノでマーチンゲール法は禁止されていません。

マーチンゲール法が禁止されていないということは、「必ず勝てる方法ではない」「運営側はマーチンゲール法を使われても損をしないのではないか?」とも推測できます。

マーチンゲール法はプレイヤーにとって有利な方法なのかを検証するために、まずはマーチンゲール法についてより詳しく解説します。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは、ギャンブルの戦略の1つです。

ただし、必ず勝てる方法ではないので、必勝法ではありません。

マーチンゲール法のやり方

『基本的な』マーチンゲール法のやり方はシンプルです。

  • 2倍の配当に賭ける
  • 負けたらベット額を2倍にして次のゲームに賭ける

勝負に勝つまでこの方法を続けていれば、勝ったときに損失を取り戻して利益が出ます。

『基本的な』やり方以外には、3倍の配当に賭ける方法など、マーチンゲール法の進化版ともいえるやり方がいくつかあります。

しかし、その分リスクが高くなり損をする可能性も高くなるので、ギャンブル上級者向けです。

こちらでは、基本的なマーチンゲール法の2倍の配当に賭ける方法について紹介します。

マーチンゲール法の例

例として、ルーレットの赤/黒ベットを$1でスタートした場合を表にまとめました。

回数 ベット額 勝敗結果 累計損益額
1 $1 負け -$1
2 $2 負け -$3
3 $4 負け -$7
4 $8 負け -$15
5 $16 勝ち $1

上の表の例では、勝利したときにはこれまでの損失がなくなりますが、利益は$1でした。

このように、マーチンゲール法は負け続けたときの出費が大きいのですが、勝ったときのリターンは少ないため、ハイリスクローリターンの方法だと言えます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
マーチンゲール法はローリターンではあるけど、勝ったときには確実に利益を得られることが魅力なの。

マーチンゲール法が使えるゲームの種類・ベット方法

  • ルーレットでは「赤/黒」「EVEN/ODD」「1-18/19-36」のいずれかにベット
  • マネーホイール(例:Evolutionのクレイジータイムやドリームキャッチャーなど)では「ペイアウト1X」にベット
  • シックボーでは「大/小」「奇数/偶数」のいずれかにベット
  • ブラックジャック、バカラのプレイヤーベット(*1)、ドラゴンタイガー、フットボールスタジオ等、その他配当が2倍のベットに適用可能
(*1)バカラはバンカーの勝利で5%の手数料が取られるので、バンカーベットはマーチンゲール法に向いていません。マーチンゲール法をするならプレイヤーベットが向いています。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
配当が2倍のベットでも、勝率は50%ではないから注意してね!勝率のことは後で解説するね。

マーチンゲール法で連敗する確率

マーチンゲール法は連敗し続けても、その後1度の勝利でこれまでの損失を取り戻せるという方法です。

それでは連敗する確率はどれくらいなのか、回数ごとに見ていきましょう。

実際には配当2倍のゲームでも勝率は50%ぴったりにはならないことがありますが、こちらでは分かりやすく、勝率は50%ぴったりだったとします。
連敗の回数 連敗の確率 連敗の回数 連敗の確率
1 50.00% 6 1.563%
2 25.00% 7 0.781%
3 12.50% 8 0.391%
4 6.25% 9 0.195%
5 3.125% 10 0.098%

あくまでも理論上ですが、10連敗する確率は0.098%です。おおよそ、100,000人に1人は10連敗すると考えられます。

しかし本当の勝率は50%より低いので注意

例えばルーレットの赤/黒賭け等の配当が2倍のベットの場合、勝率50%ではありません。

シングルゼロ(0)のヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットの勝率は48.6%、ダブルゼロあり(0・00)のアメリカンルーレットの勝率は47.3%です。

バカラの場合は、プレイヤーベットの勝率は44.62%です。バンカーベットの勝率は45.86%ですが、勝利してもコミッション5%が引かれてしまいます。

タイベットの可能性も約9%ほどあるので、勝率は50%を下回ります。

プレイヤーベットの負ける確率を55%だとして計算すると、負け続ける確率は、

連敗の回数 1 2 3 4 5 ・・・(省略) 10
連敗の確率 55% 30.2% 16.6% 9.1% 5.0% ・・・(省略) 0.2%

勝率50%で計算したときには、10連敗の確率は0.098%でしたが、今回の計算では10連敗する確率は0.2%まで上がってしまいました。

理論上では、1,000人に2人(500人に1人)は10連敗するということになります。

単純に50%で計算したときには、10連敗するのは10万人に1人だったのに、実際のゲームの勝率に当てはめると500人に1人ということになりました。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
マーチンゲール法は、連敗すればするほどベット額が増えていくから、資金に余裕がない人には向いていない方法だよ。
トウシくん
トウシくん
資金に余裕がある人でも、連敗が続くとマーチンゲール法の限界が訪れます。その理由は、次の解説を読んでいただければわかりますよ!

オンラインカジノでマーチンゲール法が禁止されない理由は?

一度でも勝てば利益が出るなら、マーチンゲール法を使われたらカジノ側は損をするのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

マーチンゲール法を使われたとしても、カジノ側が儲かる仕組みができています。だから、オンラインカジノでマーチンゲール法が禁止されないのです。

その理由をこれから解説します。

連敗したら資金がなくなる

マーチンゲール法で負けると2倍ベットになるので、連敗し続けると出費も増え続けます。

どれくらい出費(累計ベット額)が増えていくのか、表にまとめました。わかりやすく100円でスタート、勝率50%だと仮定します。

回数 ベット額 勝敗結果 確率 損益合計額
1 100円 負け 50.00% -100円
2 200円 負け 25.00% -300円
3 400円 負け 12.50% -700円
4 800円 負け 6.25% -1,500円
5 1,600円 負け 3.125% -3,100円
6 3,200円 負け 1.563% -6,300円
7 6,400円 負け 0.781% -12,700円
8 12,800円 負け 0.391% -25,500円
9 25,600円 負け 0.195% -51,100円
10 51,200円 負け 0.098% -102,300円

100円ベットから始まりましたが、10連敗したときには累計で10万円以上の損失となりました。

つまり、10連敗した場合、最低でも10万円の資金を持っていないと、マーチンゲール法による勝利を手にできません。

さらに損失が続くと、2倍ベットの影響で損失額が桁違いに増えることになります。

続けて、11連敗~20連敗したと仮定して、累計でどれだけ損失額が増えるのかを見ていきましょう。

回数 ベット額 勝敗結果 確率 損益合計額
11 102,400円 負け 0.049% -204,700円
12 204,800円 負け 0.024% -409,500円
13 409,600円 負け 0.012% -819,100円
14 819,200円 負け 0.006% 1,638,300円
15 1,638,400円 負け 0.003% -3,276,700円
16 3,276,800円 負け 0.0015% -6,553,500円
17 6,553,600円 負け 0.0008% -13,107,100円
18 13,107,200円 負け 0.0004% -26,214,300円
19 26,214,400円 負け 0.0002% -52,428,700円
20 52,428,800円 負け 0.0001% -104,857,500円

回数を重ねるほど2倍ベットの影響が大きくなり、20連敗したときには、なんと1億円を超えるほど累計損失額が膨れ上がってしまいました。

つまり、20連敗したときには、1億円を超える資金がないといけないことになります。

お金に困っていない裕福なギャンブラーでない限り、不可能でしょう。

連敗したらプレイヤーは損切りが必要になる

連敗し続けると資金がなくなってしまい、途中で損切りをするしかなくなります。

前述したとおり、100円ベットでスタートしたとしても、10連敗をしたら10万円超、20連敗をしたら1億円超の累計損失額となってしまいます。

資金が底をついてしまったら、途中でゲームを終えるしか方法はありません。

底をつく前に損切りをして、決して借金を抱えることのないようにしましょう。

カジノゲームにはテーブルリミット(ベット上限)がある

資金が底をつく前に、強制的にゲームを終えるしかないケースもあります。

カジノゲームにはテーブルリミット(ベット上限額)が設定されているからです。

例えば、ベット上限額が10万円だった場合、10連敗まではできますが、11連敗になるとベット上限額を超えてしまうので、ベットできません。

システム上、マーチンゲール法終了となります。

ハウスエッジにより長くプレイするとプレイヤーが負ける

運営側に取り分がないと、カジノの運営が成り立ちません。そのため、カジノゲームには必ず『ハウスエッジ(控除率)』があります。

  • ハウスエッジ(控除率):運営側の取り分を数値化したもの
  • ペイアウト率(還元率):プレイヤーが勝利できる確率

数値はゲームによって差がありますが、オンラインカジノゲームのペイアウト率の平均は95%~97%。逆に、ハウスエッジは3%~5%くらいです。

理論上では、長くプレイするほど数値に近い結果になります。

例:ペイアウト率97%、ハウスエッジ3%のゲームをプレイした場合

理論上では、累計10,000円ベットで、プレイヤーは9,700円の払い戻し、カジノ側は300円の儲けになることを意味します。

このように、長くプレイするとプレイヤーが損をすることになり、カジノ側の儲けが増えるということです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
ハウスエッジの計算はあくまでも理論上の話。オンラインカジノも結局はギャンブルなので、勝つこともあれば負けることもあるよ。絶対に負けるわけではないことも理解しておいてね!

運営側が儲かる仕組みができている

  • 連敗したらプレイヤーの資金がなくなる
  • 連敗をして資金がなくなったら、プレイヤーは損をしたままゲームを終了するしかない
  • 連敗したらカジノゲームのベット上限額に到達してしまうのでマーチンゲール法を続けることができない
  • そもそもカジノゲームにはハウスエッジがあるので、理論上ではカジノ側が儲かるようになっている

これらの理由により、プレイヤーがマーチンゲール法を使ってプレイしたとしても、結局はカジノ側が儲かるようになっています。

そのため、オンラインカジノではマーチンゲール法を禁止していません。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
繰り返しになるけど、いくら理論上では負ける仕組みになっているといっても、オンラインカジノはギャンブルなので、大勝ちできる可能性もあるよ!

「オンラインカジノでマーチンゲール法は禁止?」のまとめ

プレイヤーがマーチンゲール法を使用したとしても、カジノ側が儲かるようになっているので、マーチンゲール法を禁止していません。

そうはいっても、結局はギャンブルなので、プレイヤーが勝って大きな利益を得られる可能性もあります。

興味がある人は、一度マーチンゲール法を試してみてはいかがでしょうか。

「オンラインカジノでマーチンゲール法は禁止?」のまとめ
  • マーチンゲール法とは、2倍の配当に賭け、負けたら2倍ベットを続けていき、1度勝利したら損失を取り戻して利益を得られる方法
  • オンラインカジノでは禁止されていない
  • カジノ側が儲かる仕組みができているのでマーチンゲール法は禁止されない
カノちゃん
カノちゃん
カジノ側が儲かる仕組みができているなら、マーチンゲール法を使っても意味ないのかなあ?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
マーチンゲール法は上手に利用することが大切なの。自己資金・ベット上限額をよく確認して、ベットするスタート金額を調整してね!
トウシくん
トウシくん
あとは、しばらくベットせずにゲームの流れを見てから、ベットに偏りが出てからマーチンゲール法を取り入れるといった戦略もあります!上手に利用すれば利益が出ますよ!