実践記

損失のコントロールが簡単で勝率も高い必勝法、31システム!バカラで実践した結果は・・・?

Pocket

こんにちは!

今回は必勝法の1つ、31システムについてご紹介しようと思います。

31システムの名前の由来は、この必勝法が1セットで最大31単位負けることです。

例えば1ドルを1単位とした場合には31ドルが1セットでの最大の負け金額となります。

 

この必勝法の特徴は、名前の由来にもなっている負け金額の上限が31単位で確定していることと、勝敗の確率が半々で、配当金が掛け金の2倍になるイーブンベットゲームで使用しなければならないところです。

また、この必勝法の1セットが終了する条件は、9回ゲームを行った時、または途中で2連勝した時となっています。

 

この必勝法の賭け方は、文字だけで説明してもなかなか伝わらないかと思いますので、図入りで説明していきます。

今回は1単位を全てわかりやすく1ドルとします。

 

この必勝法は全体で4つのフェイズから構成されています。

まず最初の三回のゲームは1ドルを賭けてゲームを行います。

どこかの段階で2連勝した場合はその時点で必勝法の1セットが終了となります。

最初の3回で2連勝できなかった場合にはフェイズ2に移ります。

フェイズ2ではフェイズ1の倍の金額を賭けます。

1ドルで開始した場合はフェイズ2では2ドルのゲームを行うと言うことですね。

2連勝できなかった場合は次回はフェイズ3、フェイズ4と進んでいき、最終的にフェイズ4の2回目のゲームでは勝ち負けに関わらずゲームは終了となります。

 

もちろん、より確実に勝利するためにはこの後ろにフェイズ5、フェイズ6と続けていくことも可能ですが、スタンダードなやり方はフェイズ4の2回目のゲームで終了とするやり方です。

この必勝法を使うことで最大の負け金額を31ドルに抑えた状態で、高い勝率を確保することができるのです。

2連勝すれば勝ち確定で1セットが終了するのも大きな魅力の1つですが、イーブンベットゲームの場合には1回のゲームの勝率は50%もあるため、最大負け金額の31ドルに到達することは非常に引く確率であることもこの必勝法の魅力の1つです。

 

全敗した場合でも上の図のように31ドルしか負けませんし、マーチンゲール法やグランマーチンゲール法と比較すると投資金額を抑えることができるのもこの必勝法の魅力の1つでしょう。

途中2連勝できなかった場合でも全敗する確率は非常に低くなっていますので、9回目のゲームまで進んでいた場合でも20ドル程度の負けで収まることが多いです。

 

連勝して必勝法を終了した場合の利益額は上の図の通りです。

後ろに行けば行くほど必勝法終了時の利益額が大きくなるのも特徴の1つですね。

4フェイズの2回のゲームで連勝した場合には15ドルの利益を獲得することができます。

 

上の図はイーブンベットゲームで9連敗する確率です。

9連敗する確率は0.2パーセント程度ですので、実質考慮しなくてもよいレベルの出現確率です。

イーブンベットゲームの場合には2回のゲームで2連勝する確率は75%です。31システムでは1セットで9回のゲームがありますので1セット中で連勝が発生する確率は99%です。

つまり31システムの1セットあたりの勝率は99%あると言うことですね。

 

 

31システムをバカラで実践!

それではさっそく実践してみようと思います。

31システムはイーブンベットゲームで力を発揮する必勝法ですので、ルーレットのアウトサイドベット(赤や黒、数字の大小など)、バカラ、ブラックジャックなどで使えます。

今回はバカラで毎回プレイヤーに賭けることで31システムの有効性を検証してみました。

 

まずはプレイヤーに1ドルを賭けます。

今回は初回ゲームなので連勝することはありません。

 

初回のゲームでナチュラルナインが出て勝利しました。

次のゲームで勝利できれば必勝法の1セットは終了となります。

 

再び1ドルをプレイヤーに賭けます。

31システムでは勝敗に関わらず賭ける金額は最初から決まっています。

 

2回目のゲームでも勝利することができました。

2連勝しましたので今回の1セットはここで終了です。

合計2ドルの勝利となります。

 

と、この調子で31システムの実践を続けていきました。

早い段階で終了することが多く、そうすると1ドル、2ドルの利益にしかならないので一気に大きく勝つことはありませんが、着実に手元の軍資金が増えていく印象があります。

 

5セット目に3フェイズまで行きました。

今までの獲得金額が少ない分、1回でも連敗で終了してしまうと一気に負けに転じてしまうのでちょっと焦りました。

 

結果、この4ドルの勝負にまず初回勝利をしました。

後の方では1回勝つだけでも最大負け金額が減るので安心感があります。

 

そして3フェイズの2回目のゲームです。

ここで連勝できれば少し大きな金額を獲得することが出来ます。

 

結果3フェイズのゲームを連勝で終わることが出来ました。

この5セット目の利益は10ドルです。

 

 

ちょっと小さくて見づらいかもしれませんが、合計6セットの検証結果です。

もちろんもっと試行回数を増やして行かないといけませんが、この6セットの結果を見る限りはかなり安定した必勝法であることがわかりますね。

まとめ

31システムの長所

①1セットの最大損失が予めわかる

②1セットあたりの勝率が非常に高い

 

31システムの短所

①連敗で終了してしまうと何回も勝たないと取り戻せない

②イーブンベットゲーム以外では使えない

 

このような結果となりました。

31システムは非常に勝率が高く、カジノゲームに慣れていない方でもこれを実践することで勝率を上げることができるように思えます。

今日は調子が悪いな・・・という日に使ってみるのもいいのではないでしょうか。

また近いうちに他の必勝法もご紹介しようと思います!

それでは!