スクリル

Skrill(スクリル)とは?日本でのサービスは終了

Skrill(スクリル)とは、Moneybookers(マネーブッカーズ) Ltd.という英国の会社が提供する資金移動サービスです。
Skrill(スクリル)は安全かつ迅速に電子決済を行い、手数料をなるべく安く済ませられることを目的に2001年に設立されました。

2011年の中ごろまでは、Moneybookers(マネーブッカーズ)という社名と同じサービス名で、現在では3000万人を超すユーザーがSkrill (Moneybookers)を利用しています。Skrill(スクリル)は24時間体制で資金を送受金する迅速なサービスを提供し続けています。 ヨーロッパを中心に世界の各種業界で広く利用されている金融サービスは、厚く信頼を得ています。

Skrill(スクリル)が日本から撤退

2016年9月にスクリルは日本でのギャンブル目的のサービスを停止、2016年10月には日本から撤退しています。現在スクリルは日本国内からは利用できません。

このページでは、過去に日本で提供されていたスクリルのサービスについて解説します。

Skrill(スクリル)の企業情報

「Moneybookers Limited(英国)」は2001年に設立、ロンドンが本部のヨーロッパ市場で最大のオンライン資金移動サービス会社として認知されています。英国金融サービス機構(Financial Services Authority)により認可され、その統制下で運営されています。

特にSkrill(スクリル)の資金移動は、24時間体制、スピード、安全性、手軽さなど、便利で安全が特徴のオンラインサービスです。
言語表記は12種類ありますが、日本語サービスはまだ行っていません。サービス参加は日本からも不自由なく行うことができます。英語ができなくとも使い方は非常に簡単です。

Skrill(スクリル)の特長

Skrill(スクリル)の大きな特長はなんといっても海外へ資金を移動する手段として特に力を発する点です。海外ショッピングサイトへの支払い、海外企業への支払い、海外出張、留学中の親類への送金など、世界中の会員間の金銭の授受が可能となります。

海外のFX業者やオンラインカジノ(スポーツブックメーカー)のASPの大半は、これらを入出金に利用しており、海外での活動を考えるなら、欠かせないものになっています。海外FX業者を使いトレードする場合はSkrill(スクリル)は必須です。

日本国内銀行からの振込入金が便利

マネーブッカーズへの入金は、銀行振込とクレジットカード利用の2種類となります。国内銀行振込での入金が可能ですのでクレジットカードを持っていない人でも簡単に入金ができます。

出金は電信送金でスムーズ

Skrill(スクリル)の口座からの引き出し方法は小切手、電信送金の2種類となります。出金用の銀行口座(日本国内銀行でOK)を登録しておき、電信送金を利用する事によりスムーズに払い戻しができます。

メンバー間の送金が早い

会員同士の受送金のやりとりがスピーディで便利です。ビジネス口座として利用されている方も多く、ショッピングの際でも、ストレス無く支払い、入金のサービスが受けられます。自分の口座に対しての入金手数料が無料です。